読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ヒナまつり】個人的にアニメ化してほしい漫画10選【ヒト喰い】

スポンサーリンク

ヒナまつり

ヒナまつり 1<ヒナまつり> (ビームコミックス(ハルタ))
ある日、謎の物質に包まれた少女ヒナがヤクザの新田の元に出現します。

ヒナは超能力を使って無理やり家に居座り、二人は一緒に過ごすことになるコメディー漫画。

日常と超能力という非日常を合わせたとてもシュールな漫画です。

ユーベルブラット

Ubel Blatt?ユーベルブラット? 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
かつて7英雄と呼ばれる者がいた。しかし、それは魔王を討伐した者を殺して栄誉を強奪した者たちだった。

妖精を食べて生き残った最後の本物の英雄が、復讐のために現英雄を殺していく物語です。

ダークファンタジーとして完成していて、クリオティーのある漫画。

ダンジョン飯

ダンジョン飯 1巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ))
アドベンチャーとグルメという組み合わせが新鮮なグルメ・ファンタジー漫画。

主人公や世界観が面白く、ダンジョンを踏破できるのかも気になるが、
ダンジョンに出てくるモンスターを美味しく調理するという設定も今までになく新しい。

ヒト喰い

ヒト喰イ(1) (裏少年サンデーコミックス)

ヒト喰いと呼ばれる存在が物語の鍵を握るサスペンスアクション漫画。

キャラとストーリー双方魅力的で、謎の提示の仕方や解き方が非常に秀逸。

ハラハラドキドキものの漫画なので、ぜひともアニメでも先が気になる展開を見てみたい。

封神演義

封神演義 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
1度アニメ化されていますが、想像以上に残念な感じになっていたのでもう一度アニメ化を希望したいと思っています。

最初のアニメ化でよかった所はオープニングとエンディングだけだったので、内容の方も原作寄りの封神演義にしてほしいと思います。

ぐらんぶる

ぐらんぶる(1) (アフタヌーンコミックス)
キューバダイビングを題材にした漫画ですが、実際にはスキューバはほとんどしてません。

コメディの要素のほうが多く、腹を抱えて笑うことができる漫画。
アニメで動く姿を見て、原作と同じかそれ以上に笑ってみたいなと思う。

はたらく細胞

はたらく細胞(1) (シリウスコミックス)

白血球などの人体の細胞を擬人化し、体内を駆け回りながら働いている姿を描いたコメディ漫画。

細胞の種類や働きの雑学や、ちょっとした病気対策などためになる話も書かれていて、笑いながら細胞について知れる作品。



僕たちがやりました

僕たちがやりました(1) (ヤングマガジンコミックス)
ある高校に通う平凡な高校生3名と、この3名しか友達がいないOBの先輩が主な登場人物です。この4名が、日頃の恨みを晴らすため、3名が通う学校の向かいにある、ヤンキーばかりが通う「矢波高校」にいたずらをしかけたのですが、なにかの手違いで爆破事件になり、数名の死者が出てしまったところから物語が動き出します。

全体的に闇金ウシジマ君に似ている漫画。



インベスターZ

インベスターZ(1)
投資を題材とした投資漫画で、投資を学びたい方にとってはとても勉強になると思います。北海道のある中高一貫校に、一般の生徒には知られていない投資部という秘密クラブが存在していて、そこには各学年の首席が所属しており、株やFXなどの投資を行うことにより利益を上げ、学校の運営費を賄っているという話。

ドラゴン桜同様、無駄にやる気を起こさせる漫画


乙嫁語り

乙嫁語り 1巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))
19世紀後半の中央アジアを生きる「お嫁さん」漫画。
あまり馴染みのない地域が舞台となっていますが、作者の執念すら感じさせる緻密な描きこみにより、その当時の情景が生き生きと描写されています。
章ごとの主役となるお嫁さん達の物語も切ないもの、心温まるものなど様々で、時代漫画でありながら恋愛漫画としても楽しむことができます。

スポンサードリンク