読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【青空文庫】無料で読めるおススメ古典8選【不屈の傑作】

スポンサーリンク

森鴎外舞姫

舞姫

舞姫


舞姫の主人公、太田豊太郎は鴎外自身を思わせますし、
エリスのモデルになったドイツ人女性も実在します。

鴎外と彼女は半ば強引に別れさせられますが、長いこと、文通を続けていたのだとか。

そんなことを知ってから、またこの作品を読むと違う味わいがあります。

芥川龍之介「蜜柑」

蜜柑

蜜柑

芥川自身かと思わせる主人公の薄汚れた少女への感情の変化と、
少女が見送りに来た兄弟たちの上に降らせる蜜柑の色が印象的な物語です。

小説を読んでいるはずなのに、映像を見ているかのような錯覚に陥らせます。

小学校高学年にもなれば、十分に理解できる作品だと思います。

太宰治「葉桜と魔笛

葉桜と魔笛

葉桜と魔笛

太宰治の作品はたくさんあるけど、自分はこの作品が好きです。

老婦人が葉桜の頃になると思い出すこととして語られる、
若くして病死した妹との出来事についてのお話です。

自由でいられるのは妄想の中でだけというところが、昔も今も変わらないことと実感させられます。

中島 敦 「李陵」

李陵

李陵

高校国語の教科書でおなじみ「山月記」の中島敦が書いた短編小説です。

「李陵」の舞台は古代中国。

山月記と同じように、漢文調で流れるように美しい文章に魅せられます。

主人公・李陵の苦悩が伝わってきて、人生の折々に読み返したくなる小説です。

夏目漱石夢十夜


男が死にゆく女に100年待ってと言われて、100年待ったという話で、
夏目漱石の理想の女性って、第一夜に描かれているような女性だったんだろうなと思います。

幻想的で美しく、10の夢の話が描かれる「夢十夜」の中でも、特に素晴らしいと思います。


森鴎外山椒大夫

山椒大夫

山椒大夫


森鴎外の作品です。

母と離ればなれにされた姉弟は、山椒大夫の元で奴隷のような厳しい生活をされられます。

姉はそこから弟を脱走させますが、後に殺されることになります。

終始悲しい話ですが、最後に母と息子が再開するところは、心打たれます。

ドストエフスキー「白痴」

白痴

白痴

奇妙な三角関係が行き着く先は、耽美で狂気に満ちた結末。


小説好きなら、一度は挑戦してみたいドストエフスキーの長編小説。


太宰治ヴィヨンの妻


太宰治ヴィヨンの妻

ダメすぎる人間の夫が飲み屋のお金を奪い取り、代わりに妻がそこで働きお金を返すという物語です。

そこで働くうちに妻が世の中に対する見方が変わっていきます。

短編で読みやすく太宰治をあまり読んだことがない人が読むと太宰治に対するイメージが変わるような楽しい小説です。

スポンサードリンク