漫画の地球儀

漫画ドールズフォールを紹介してみる

スポンサーリンク

両親を失い、とある女子寮にやってきた主人公・めいり。
だが、魔女に支配されたその寮は、少女たちを闇の中へと呑み込んでいく――。
(アマゾンより引用)

漫画ドールズフォールのストーリーについて

この作品はかなり珍しい内容の作品で、
ジャンルで言うとサスペンスホラーに当たる作品です。

ストーリーを簡潔にまとめると、
主人公のめいりという女の子が火事で家と家族を失い絶望した状態で、とある女子寮へとやってきます。

その学校がわりになる女子寮で中学過程卒業までの3年間を過ごす事になるのですが、
実はこの女子寮はただの女子寮ではなかったのです。

この女子寮の寮母達は恐ろしい秘密を隠していて、
命をかけた恐ろしいゲームへとめいりとその仲間達は、
飲み込まれていくといったストーリーになります。

ドールズフォールの名シーン

私がドールズフォールで最も印象深かったシーンは、
第1巻に収録されているとあるシーンでした。

女子寮といっても中学校併設の児童養護施設な為、
めいりと同じ様に何らかの事情のある者達が集められているのですが、
その中の一人の子が授業中に横暴な態度を取り、寮母側を怒らせてしまいます

その後その生徒が急に行方不明になってしますのですが、
行方不明になった子が寮母に殺されてはらわたを抉り出されているシーンがとても印象深く残っています。

ドールズフォールは最初は謎だらけ

ドールズフォールでは最初こそ平和な女子寮生活が送れるものの、
徐々に不気味な事が起き始め、次々と原因不明の行方不明者や犠牲者が出てきます。

その殆どが謎に包まれた状態で物語が進んで行く為、
読み進めるにつれての謎の解明がとても楽しいです。

この作品はグロテスクな描写が強めで先ほど紹介した名シーンやその後の他のシーンでもかなりグロテスクな描写が行われています。

まとめ

万人には勧められない作品です(エログロなので)。
あと絵が独特なので(俗に言う萌え絵)合う合わないが大きそう。