漫画の地球儀

アニメでハマったおすすめ漫画「クレイモア」を紹介【感想・レビュー・評価・あらすじ・微ネタバレ】

スポンサーリンク

CLAYMORE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

古より人が「妖魔」に喰われる存在であったこの世界。
人は長く妖魔に対抗する手段を持てずにいた…。
だが背に大剣を背負い、妖魔と戦い続ける一人の戦士が現れ…。
クレイモア」と呼ばれる少女の戦いが始まる!!(アマゾンより引用)

クレイモア

僕がが好きな漫画ランキングの割と上位に入る「クレイモア」。
この漫画は人々の生活を脅かす妖魔達から人間の生活を守るために各地に派遣される女剣士達の物語です。

それが表向きな話なのですが実際はその女剣士達は妖魔と人間の合成体で
半人半妖と呼ばれる存在だからこそ妖魔とも戦えるのですが、
その事は普通の村人は分からずに組織と呼ばれる所に依頼して村で暴れる妖魔退治のために女剣士の派遣を依頼します。

それで妖魔達から人間の生活を守るという風に話は進んでいきます

クレイモアで僕が思い入れのあるシーン

このクレイモアという漫画で一番思い入れのあるシーンはなんと言っても
クレイモアの中でも屈指の実力と知性を持つミリアが組織が何かを企んでいる事を見抜いてその真実を突き止めるという事を、
主人公のクレア達にも伝えてそれまでお互い組織の命令に従っているフリをして妖魔退治をしていこう、
そしてまた全員生きて再会しようと剣を重ねるシーンがあってこのシーンが一番思いれがあります。

まさにここからクレイモアの物語が始まったと言っても過言ではない重要なシーンです。

まとめと総評

物語の核心である組織の正体が実は妖魔を生み出していて、
その半人半妖の女剣士も作ってその戦力の実験をある島で行っていたのだけど

その半人半妖女剣士の戦力を使って外部のさらに大きな大陸で起きている龍の一族と人間の戦いに投入するつもりでいた、
という事が分かるシーンがあるんですが

普通の漫画ならそこまで話を広げたら次は大陸に行って龍の一族と人間の戦いに参戦する事になると思います。

でも、そういう戦いにクレイモアと呼ばれる半人半妖の女剣士は興味を示さずに、
自分達が暮らす島で暮らしていくからその戦いに巻き込むなと言ってそれ以上話を無理に膨らませずに、
綺麗に話を終わらせた事はとても良かったと思います。