読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同性愛者の文化を学べるグルメ漫画「きのう何食べた?」を紹介してみる

スポンサーリンク

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

鮭とごぼうの炊き込みごはん、いわしの梅煮、たけのことがんもとこんにゃくの煮物、
栗ごはん、トマトとツナのぶっかけそうめん、鶏肉のオーブン焼き、
ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み、いちごジャムetc.……
(アマゾンより引用)


今回はよしながふみさんが描いたモーニングで連載されている作品である「きのう何食べた?」を紹介してみます。
主人公は職場に自分がゲイであることをカミングアウトしていない弁護士。
彼には恋人がいて相手は同じくゲイである美容師。二人は同棲しています。
この漫画は二人の生活を中心に登場人物たちの食生活、主に自炊についてのストーリーが展開されていきます。
内容的に派手さはないけど出てくる料理は実践しやすくて、
子供も大人も楽しめると思う。

実践系料理漫画

料理のレパートリーにあります。
基本的に主人公は弁護士という仕事でありながら非常に倹約家で
料理に使う食材はスーパーを梯子してまで安くで手に入れようとする徹底ぶり。
料理はどれもお財布に優しくて、栄養もあって家庭的な料理。
作る過程もシンプルで本当に誰でも実践できるような内容になってます。

まとめ

料理漫画にジャンル分けされる「きのう何食べた?」だけど、
この漫画の見どころは他にもあると個人的には感じています。
冒頭で書いた通り、主人公はゲイです。
その関係もあり作品中には同性愛者の登場人物が複数名出てきます。
彼らの考え方や文化、彼らの周囲にいる関係などは自分自身の価値観や考え方に大きな影響を与えます。
日本は海外と比べると同性愛者についての理解が少ないと思う。(自分も含めて)
そのような側面についても学べる漫画だと思います。

スポンサードリンク