読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【異能】おすすめ超能力漫画紹介してみる【魔法】

スポンサーリンク

イクミの秘密  徳田春生

イクミの秘密 (1-7巻セット 全巻) [?] [?] by [?] by [?] by [?] by [?] by [?] by [−] by

超能力による闘いが今、始まる!?立花イクミはごくフツーの高校生。もてもせず、勉強も運動も×(バツ)の、平ボンな少年だった。だが突然、不思議な能力(ちから)に目覚めはじめる。とまどうイクミの前に現れた謎の美少女は、「もうすぐ滅びるかもしれない地球のために、あなたの能力は必要なの」と告げるのだが!?(アマゾンより引用)

少年マガジンが盛り上がっていた90年代後半に連載されていた異能漫画。
ストーリーは王道で普段は目立たない、いじめられっ子の普通の中学生だが正体は強い力を持った魔族という話。
普通に良作。なんで有名じゃないのか謎。アニメ化もされてないし。wikiすらない。
著者の徳田春生先生はこの後目立たぬ連載をしていないから期待したい。

黒ベエ  藤子不二雄A

黒ベエ 第1巻 (藤子不二雄Aランド (Vol.008))

自分や他人が作る影を自由に操る不思議な能力を持つ少年黒ベエ。スーツとマントとシルクハットを着け、全身真っ黒な主人公はハゲワシ(ハゲベエ)を連れ様々な場所を彷徨う。やがてそこで出会った者に対し…。(アマゾンより引用)

「忍者ハットリくん」や「怪物くん」などで有名な藤子不二雄A先生による超能力漫画。
自分や他の人の影を自由に操れる能力を持つ黒ベエ。彼の人生の行く先は……。
個人的に藤子不二雄A先生の数ある作品中で一番好きな作品。
キャラから絵柄、特徴的な擬音、なにからなにまでセンスがいい。

黒ベエ 第1巻 (藤子不二雄Aランド (Vol.008))

黒ベエ 第1巻 (藤子不二雄Aランド (Vol.008))

ぼっけさん  西 義之

ぼっけさん 上 (ジャンプコミックス)
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」で有名な西義之先生による怪奇超能力漫画。
「ぼっけ」という妖怪の世界を知りそこで成長していく話。
西 義之先生の絵はすごい独特です。自分は個人的に好きなんですが合わない人がおおくて
ムヒョもアニメ化せずに打ち切られ、この作品も打ち切られと残念で仕方がない。
たぶんジャンプ漫画に合わなかった。

ぼっけさん 上 (ジャンプコミックス)

ぼっけさん 上 (ジャンプコミックス)

EAT-MAN(イートマン)  吉富昭仁

EAT?MAN COMPLETE EDITION(1) (シリウスコミックス)
いろんな特殊な能力を持った人がいる、発達したテクノロジーが存在するファンタジー世界。
質の高いおとぎ話な一話完結型の物語。

ジオと黄金と禁じられた魔法  桐幡歩

ジオと黄金と禁じられた魔法(1) (少年サンデーコミックス)

炎と氷の禁呪を身に宿し、“世界一の魔法使いになること”を夢見て旅立った少年・ジオ。とてつもない秘宝と禁じられた魔法(アマゾンより引用)

結界師」で有名な田辺イエロウ先生の元アシスタントである桐幡歩先生による魔法がでてくる超能力ファンタジー漫画。
画が少し雑な感じもするけど、それを補う程のストーリー、シナリオで全然気にならない。
内容は王道魔法系「ハリーポッター」みたいな感じかな。
王道でありながらほかの少年漫画にはない独特なシリアス感があっていい。

アダムイブ  池上遼一×山本英夫

アダムとイブ(1) (ビッグコミックス)

衰退するヤクザ社会を立て直すべく、“スメル”と呼ばれる嗅覚に長けた男が結成した秘密結社――その会合の突如、“透明人間”の襲撃を受ける!(アマゾンより引用)

五感を操るスペシャリストなヤクザ VS 透明人間。
1話から過激で緊張感のある展開が続き飽きずに最後まで読めた。
まだ1巻しか読んでないけど面白かった。ちょいエロ注意。

スポンサードリンク