読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【大喜利】テーマが珍しいおすすめ漫画紹介してみる【登山】

スポンサーリンク

キッドアイラック!  長田悠幸×町田一八

キッド アイ ラック! 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER)

笑われることが大嫌いな不良“やおきん”こと矢追金次郎は、日々買っていた恨みが原因で幼なじみの江崎久里子から笑顔を奪ってしまう。そんな彼女の笑顔を取り戻すため、八方手を尽くしてきたやおきんがドン底から見つけたひとつの希望、それは『大喜利』だった──…。(アマゾンより引用) <<大喜利が舞台のすごく珍しい漫画作品。
毎日ケンカに明け暮れていた、笑われることが大嫌いな矢迫金次郎、彼のせいで一人の女性の笑顔を奪ってしまった。
笑わなくなった彼女を笑わせるために大喜利の世界に入っていく。
セリフですね。セリフが秀逸。大喜利漫画だけある。センスが光ってる。
普通にギャグ漫画として面白いのでおすすめです。

水域  漆原友紀

水域(上) (アフタヌーンコミックス)
蟲師」で有名な漆原友紀先生の現代ファンタジー漫画。
女子中学生の千波は部活の最中、熱中症で倒れてしまう。
気が付くとそこはダム建設によって水の底に沈められた彼女の母や祖母、祖父が昔、暮らしていた「深山村」だった。
現代とファンタジーが良い感じに混ざっていて独特な哀愁が漂ってる。
便利な世の中になっていく一方で、何かを失っている人がいるという事を感じた。
小学校の社会の授業に教材として使えそう。

はたらく細胞 清水茜

はたらく細胞(1) (シリウスKC)
主人公の赤血球が肺炎球菌に襲われてるところ白血球に助けられるところから物語が始まる
設定が異質で今までなかった。
体の仕組みや器官の勉強になる。血小板かわいい。
レーベル 月間シリウス

はたらく細胞(1) (シリウスKC)

はたらく細胞(1) (シリウスKC)

BOARDER LINE  MUSASHI

BOARDER LINE (TWJ BOOKS)
スノーボード雑誌で掲載されたスノーボード漫画というあまりない珍しい作品。
3人のチームで大会で頑張る本格的な物語。
専門雑誌に掲載されていただけあって専門の用語がすごい丁寧に説明されて出てきます。
スノーボードに興味のあるかたは読んでみてもいいかも。

BOARDER LINE (TWJ BOOKS)

BOARDER LINE (TWJ BOOKS)

ゲッチューまごころ便  緋采 俊樹

ゲッチューまごころ便 1 (少年チャンピオン・コミックス)
「宅配便」という職業をコメディ調に描いた少年チャンピオンの漫画作品。
宅配便という仕事の裏側を描いていて、うんちくもいっぱい出てくる。
グラップラー刃牙」など90年代の少年チャンピオンが一番盛り上がりがあった時の作品で陰に隠れてしまった名作。

K  谷口ジロー

K(ケイ) (アクションコミックス)
孤独のグルメ」で有名な谷口ジロー先生による登山漫画。
内容が深く、一冊にいろいろ詰まっていて、心に残る。
全体的に絵の線が太くごつい感じで大自然の広大さを表現してる。

スポンサードリンク