漫画の地球儀

【料理】美味しそうで飯テロなおすすめグルメ漫画を紹介してみる【ドカコック】【くーねるまるた】

スポンサーリンク

ホクサイと飯さえあれば  鈴木 小波

大学進学のため上京した山田ブンが、愛するぬいぐるみ(?)ホクサイと共に、
東京・北千住の町でアイディア満載のレシピで美味しいご馳走作ります!
トラブルがあっても、ホクサイがいて、美味しい飯さえあれば、毎日ハッピー!!(アマゾンより引用)

大学生の山田ブンとぬいぐるみのホクサイの日常トラブル料理漫画。
すごい独特でクセの強い作品だった。独特過ぎて不気味ささえ醸し出してる。
料理をおいしく食べるのを描写するというよりは料理が出来るまでの人の心境とかそっちに重きを置いた物語。
郷愁を感じさせる雰囲気が好みでした。

くーねるまるた  高尾 じんぐ

マルタさんはポルトガルから来た貧乏だけど食いしんぼーな女の子。
築70年のおんぼろアパートで、慎ましいながらもエンゲル係数高めな一人暮らしを満喫中。
紅茶チャーシュー、鶏油炒飯、パン耳タルト、蟹風味のディップ・・・等々お金はなくても丁寧に。
マルタさんの美味しい日々!!(アマゾンより引用)

可愛い外国人の女性がおいしい料理やごはんを食べたり、料理を作ったりする話。
自分で作れそうな物も結構ありやってみたくなる。
昔の料理漫画だと男が主人公で熱血みたいな感じだったけど最近は女性が主人公の漫画が多くなった。時代の流れを感じる。

孤独のグルメ

孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)

孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)

ドラマ化もされた話です。基本普通のおっさんサラリーマンの主人公が取引の後などにお腹減ってどこかに食欲を満たしてくれるような店を探して見つけるという話です。絵柄も普通ですが、本当に美味しそうに食べているのでこちらも食べたくなってしまいます。


酒のほそ道  ラズウェル 細木

酒のほそ道 1

酒のほそ道 1

お酒を飲む時はお酒の味はもちろんだけど、季節、天気、お店、雰囲気、酒の肴…なども重要!
より美味しく、より楽しく、お酒を飲みたい人に贈る「酒飲み」指南書!
大雪、台風、大事件…年に何回かの「特殊な日」には外でお酒を! 「非日常」は何よりの酒の肴!(アマゾンより引用)

お酒や酒のつまみをテーマにした料理マンガ。
お酒の流儀とか作法に詳しくなれる。
作者さんの絵日記みたいな漫画だった。

包丁人味平  牛次郎×ビッグ錠

包丁人味平 〈1巻〉 包丁試し1

包丁人味平 〈1巻〉 包丁試し1

日本料理の名人 五条流相伝者 塩見松造を父に持つ塩見味平は、高校進学を断念し、コックの道を志す。
味平は洋食店「キッチン・ブルドッグ」の板場でしごかれつつ、様々な料理対決を通して成長していく。(アマゾンより引用)

1973年から1977年まで少年ジャンプで連載されてた元祖グルメバトル漫画。
この漫画がなければ「おいしんぼ」や「焼きたてジャパン」「食戟のソーマ 」も生まれなかったかも。
熱い作品でこの時代熱血ものが流行ってたみたい。

ドカコック  渡辺 保裕

伝説の流れドカ・ドカコック。
名建築の陰には必ずドカコック在りと謳われ、旨いメシでドカたちの腹と心を満たし、現場を必ず成功に導くという…。(アマゾンより引用)

ドカタと料理の男のコラボ。男臭い漫画です。
一話完結型で奇抜な料理が多数出てきます。
男飯の原点。

喰いしん坊  土山しげる

喰いしん坊! 1

喰いしん坊! 1

趣味は食べ歩きというサラリーマン・大原満太郎。
金欠の月末、「カツ丼10杯30分以内に完食したら一万円進呈」というチャレンジメニューに挑戦したが…!?
読むほどに食欲を掻き立てられ、かつてない感覚を味わわせてもらうことウケアイ!(アマゾンより引用)

主人公は大食いな一般サラリーマン。
ひょんなことから大食いバトルをすることになり
フードファイターへの道に足を踏み入れる。
料理マンガはよくあるけど、大食い競技の漫画はめずらしいんじゃないかな。
この時期にテレビで大食い流行ってました。ギャル曽根さんとか。
レーベル ニチブンコミックス

ザ・シェフ  剣名舞×加藤唯史

ザ・シェフ 1巻

ザ・シェフ 1巻

石油産出国であるパミール王国の全権を握る大臣は、外務省関係者がもてなす帝都ホテルの晩餐をほとんど食べ残して帰る。
そこで「幻の料理人」と呼ばれる天才シェフ・味沢匠が、大臣を満足させる晩餐を作るように依頼されるが・・。

同じ時期に連載されていた「美味しんぼ」とよく比較されがちな料理漫画。
美味しんぼ」が料理や調理対決が主軸だとすればこちらはどちらかというと人間ドラマが主軸。
鬱な展開が多めな感じ。

ダンジョン飯

ファンタジー定番の生物であるスライムやマンドラゴラなどを、ダンジョンに挑みながら調理して美味しく食べる変わった漫画です。架空の生物でありながらしっかりと考察がされており、リアリティのある調理方法は不思議と強い説得力があります。ファンタジー好きには特にお勧めです。

野原ひろしの昼メシの流儀

クレヨンしんちゃん』の登場人物、野原ひろしが様々な店のメニューについて独自のこだわりを示していく漫画。中間管理職として頑張っている様子や、ひろしらしいちょっぴりドジな様子、そして食べ物がおいしそうに描かれていて楽しい。

深夜食堂

深夜食堂(1) (ビッグコミックススペシャル)

深夜食堂(1) (ビッグコミックススペシャル)

ドラマや映画化もされた作品。私は漫画の方がオススメです。メニューは無いけど、注文すれば大体作ってくれる深夜食堂冷や汁、春雨サラダなど風変わりなメニューでは無いのですが美味しそうです。こんなお店現実にあったらなあ。