読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【怖い】おすすめ人間ドラマ漫画紹介してみる【切ない】【トーマの心臓】

スポンサーリンク

キムンカムイ  三枝義浩

キムンカムイ 1~最新巻(少年マガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

僕達は助かる……家に帰れるんだと……その時までは本当にそう思っていたんだ…………
でも……僕達はまだ家に帰れそうもなかった……(アマゾンより引用)

人食い熊におそわれる中学生を描いた作品。
こんなに後味の悪い漫画を読んだのは初めて。
絶望の連続です。人の極限状態の心理、本質、本能をうまく表現しています。
グロ注意。

キムンカムイ―Nature panic drama (1) (少年マガジンコミックス)

キムンカムイ―Nature panic drama (1) (少年マガジンコミックス)

霧の森ホテル  篠原千絵

[まとめ買い] 霧の森ホテル(フラワーコミックスα)

どこにあるのか誰も知らない、 人生に悩み、心の迷宮を彷徨(さまよ)う者だけが辿(たど)り着くことができる———。
そんな不思議なホテル。今日も、人生を清算するため“お客”が、この「霧の森ホテル」に導かれてやってくる。(アマゾンより引用)

1話完結型のオムニバス形式ホラーサスペンス短編集。
基本的に人間関係のトラブル系の話です。二股とかシングルマザーとか水商売とか。
人間の怖さが描写されてる。精神的に怖いです。

骨の音  岩明均

新装版 骨の音 (モーニングコミックス)

大学で見かけた女の眼差しにただならぬものを感じた満(みつる)は、その正体を知ろうと彼女に近づく。(「骨の音」より)
6年前に“自殺の名所”といわれる断崖で出会った変わり者の少女。彼女に命を助けられたサラリーマンの田村(たむら)。
ふたりは都会のビルの屋上で再会する。(「ゴミの海」より)(アマゾンより引用)

寄生獣」で有名な岩明均先生による短編集。
寄生獣」より前の作品で画風がちょっと違う。
内容は全体的にサスペンス調な感じ。
ストーリーごとにメッセージがあり漫画というより文学作品。

人間失格  太宰治×古屋兎丸

人間失格 1巻 (バンチコミックス)

「恥の多い生涯を送ってきました」――ネット上に見つけた大庭葉蔵の独白が赤裸々に綴られたページ。
掲示されていた3枚の写真は、葉蔵の転落の人生の軌跡を描いていた。
読み進めるほどに堕ち、崩壊していく葉蔵の人生。彼は何を恐れ、逃げていたのか。(アマゾンより引用)

太宰治の古典小説「人間失格」が現代に蘇る。
人間失格」の漫画化作品です。
若い人に太宰治を知ってもらういい試みだと思う。
ちょいエロ注意。

人間失格 1巻 (バンチコミックス)

人間失格 1巻 (バンチコミックス)

トーマの心臓  萩尾 望都

トーマの心臓 (小学館文庫)

冬の終わりのその朝、1人の少年が死んだ。トーマ・ヴェルナー。そして、ユーリに残された1通の手紙。
「これがぼくの愛、これがぼくの心臓の音」。
信仰の暗い淵でもがくユーリ、父とユーリへの想いを秘めるオスカー、トーマに生き写しの転入生エーリク……。
透明な季節を過ごすギムナジウムの少年たちに投げかけられた愛と試練と恩籠。
今もなお光彩を放ち続ける萩尾望都初期の大傑作。(アマゾンより引用)

ドイツの高等中学校での少年たちの苦悩の物語。
1人の人間の自殺から物語が進んでいきます
少年の純粋な心やナイーブなところが表現されてる。
至極の名作。芸術です。

トーマの心臓 (小学館文庫)

トーマの心臓 (小学館文庫)

グズ六行進曲  中沢 啓治

グズ六行進曲 上巻 (中沢啓治平和マンガシリーズ 11)
母をたずねて三千里」に全体的に似ています。
クズな人間がすごい出てくる。
その中で主人公が成長していくところは自分が親になったような気持ちで見れる。
人買いに誘拐されたりとベリーハードな人生です。

ヤヌスの鏡

ヤヌスの鏡 (1) (集英社文庫―コミック版)

生真面目でおとなしい少女「ヒロミ」。
厳格な祖母に怯えて育った彼女の内には、恐ろしい別人格「ユミ」が棲んでいた!
度々表に出て夜の街を騒がす「ユミ」。
だが「ヒロミ」はその存在を知らない…戦慄のサイコ・サスペンス!! (アマゾンより引用)


2重人格の女性の人生の物語が主軸の人間ドラマ漫画。
現実にある病気、解離性人格障害が主題なだけあってリアル。
今でこそ有名な病気ですがこの時代はほとんど知られてなかったんじゃないかな。

ヤヌスの鏡 (1) (集英社文庫―コミック版)

ヤヌスの鏡 (1) (集英社文庫―コミック版)

スポンサードリンク