読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめのPS2のRPGゲームベスト30をランキングにして紹介してみる「神ゲー」【名作】

スポンサーリンク

 

 

注)個人的なランキングです、思い出補正も入っています。リメイク作品も含みます

  アクションRPGなどRPG要素が入った作品も含みます。

  

30位 ワイルドアームズ アルターコード:F 

初代ワイルドアームズのリメイク作品。

ストーリーとかキャラクターは一緒で謎解きやセリフが変わっているので思い出に浸りながら新鮮な気持ちでプレイできます。

ただわかりやすくなった部分がある一方複雑になったところもあるのでどっちがいいかは迷うところ。

29位 ボクと魔王 

ボクと魔王

ボクと魔王

 

 ps2の初期に発売された作品。地味で普通な少年が、あるとき魔王に自分の影を乗っ取られてしまいます。

少年と魔王が織りなす不可思議ファンタジー。知名度はさほどだけど良ゲーです。

「勇者」「魔王」この言葉にすべてが詰まっている。

28位 シャドウハーツ

シャドウハーツII ディレクターズカット PlayStation 2 the Best

シャドウハーツII ディレクターズカット PlayStation 2 the Best

 

同じプレステーション2のソフト「シャドウハーツ」の続編。 1915年のヨーロッパや日本が舞台の作品。実在の歴史人物も出てきておおっとなるかも、あくまでモデルとしてで史実どうりではないけど。

ホラー的な要素もありいい感じ、ただちょいスートーリーが短く感じたかな。1とつながっているので、1からやってみるといいかも。

27位 STAR OCEAN Till the End of Time 

 トライエースの看板作品スターオーシャンシリーズの3作品目。最近5が発売しましたね、評判最悪だったけど……。前作では2Dだったが3Dになり、シリーズで初めて技や呪文で戦闘で止まらなくなった。あとこのゲームおまけダンジョンが充実しております。ストーリーはつながっていないので3からでも全然楽しめます。

ただこれバグがめっちゃあるんだよなぁ。

26位 テイルズ オブ リバース 

テイルズ オブ リバース

テイルズ オブ リバース

 

 テイルズシリーズの6作品目。このバトルシステムは癖が強いです、いままでのテイルズは1列で戦っていたのですが、これは3列あります。自由に列を移動し戦います。

リバースは種族対立がテーマになっています。お遣い感があって僕の中でテイルズの中では一番順位は下かなぁ……。

 

25位 デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団

 

女神転生(通称メガテン)シリーズの1つ、デビルサマナーシリーズの3作品目。

舞台となる時代は架空の大正20年 。この時代を扱う作品ってあんまりないんだよね。

女神転生シリーズはいままでアクション要素はなかったのですがこの作品はアクションRPGになっています。一般的には知名度はそこまでなのかな。アトラス自体知らない人も多いし。メガテンシリーズはキャラのノリとか世界観がすごい好きです。古い女神転生シリーズをやったことがない方はどれかひとつ1回はやっておいてもいいかも。

24位 ゼノサーガ エピソードI 力への意志

ゼノサーガ エピソード ? 力への意志

ゼノサーガ エピソード ? 力への意志

 

 「ゼノギアス」の高橋哲哉たちが立ち上げた会社「モノリスソフト」が初めて出したゲーム、「ゼノブレイド」や「バテン・カイトス」の会社って言ったほうがわかるかな。ゼノギアスシリーズで語られていなかった最古のエピソードである「エピソードI 」の部分の設定を再構成して新しいストーリーとしたのがこのソフト」です。

 ps2の初期のゲームなんだけどグラフィックが結構いいです。ストーリーはよくできていて台詞回しもいいかんじ。伏線もあり次回作品の「ゼノサーガ エピソードII 善悪の彼岸 」もやりたくなります。

23位 ヴィーナス&ブレイブス ~魔女と女神と滅びの予言~ 

 2000年に発売した「7~モールモースの騎兵隊~」の戦闘システムなどを引き継いだ作品。ゲームシステムは経営シミュレーションと将棋を足して2で割ったような感じです。

ゲーム内で時間がながれていて、キャラも年を取っていきます。

絵本のようなグラフィックで聖剣伝説が好きな人は合うかも。

結構頭を使うし、難しい部分もある、ただそのやりこみが楽しい。やりこみが好きな人は合うんじゃないかなあ……。

22位 半熟英雄 対 3D 

半熟英雄 対 3D(通常版)

半熟英雄 対 3D(通常版)

 

 前作から10年の時を経て発売された『半熟英雄』シリーズの第3作品目。

スクウェアエニックスと合体して作られた一番最初のゲームでファイナルファンタジーシリーズの召喚獣の元になったエッグモンスターを召喚しながら戦うシミュレーションRPGゲームです。2Dのドット絵のグラフィックの味方キャラと3Dの敵キャラが戦う斬新なアイデア、ネタキャラも多くセンス抜群。 ただテンポが少しスローかな。僕はこれからしかやったことないんだけど、半熟ファンの間では2が人気らしいです。

21位 天使のプレゼント マール王国物語 

天使のプレゼント マール王国物語

天使のプレゼント マール王国物語

 

 マール王国の人形姫シリーズ3作目品目。前作と前々作の主人公やキャラクターを主人公にした短編集の1章から4章、、前々作の主人公コルネットの母親であり本作の主人公であるシェリーが主人公で本作の本編とも言える第5章、シリーズのほぼ全てのキャラクターが集結して隠しボスと戦うおまけシナリオである第6章の全6章構成です。

このマール王国シリーズ、キャラクターがかわいくて、BGMが秀逸、ストーリもよく感動する、泣ける……!心が冷えてる人にぜひ、癒されます。

ただ一章一章が短めで物足りなさはあるかな。

20位 シャドウハーツ

シャドウハーツ

シャドウハーツ

 

 前述の28位のシャドウハーツⅡの前作品です。1913年、第一次世界大戦前の中国大陸やヨーロッパを舞台にしたRPG作品。中世でもSFでも現代でもない現実の近代を舞台にしている、めずらしいゲーム。敵が気持ち悪いです(笑)雰囲気が独特でものすご暗いんですよね、それが不気味でいい感じです。これがあってのシャドウハーツⅡだと思う。

19位 九龍妖魔學園紀

九龍妖魔學園紀 通常版

九龍妖魔學園紀 通常版

 

 「東京魔人學園伝奇」を手がけた今井秋芳氏ら、シャウトデザインワークスが手がけた2シリーズ目の学園伝奇。

BGMはジャズっぽく、アトラスっぽさも存分に出ており、ミニゲームもしっかりしていて、完成度がすごい高いです。

一般的にはマイナーな気もするのでこの記事で知ってもらえると嬉しいです。

18位 半熟英雄4 ~7人の半熟英雄

半熟英雄4 ~7人の半熟英雄~ (通常版)

半熟英雄4 ~7人の半熟英雄~ (通常版)

 

 22位の半熟英雄 対 3D の続編。パロディがたくさんあって、元ネタがわかるとうれしい。

新しいエッグモンスターも増えて、技やどのモンスターも個性的で、シリーズが続いているだけあります。

前作のテンポの遅さも多少改善されています、ただまだちょい気になるかな。

17位 ドラッグ オン ドラグーン

DRAG ON DRAGOON

DRAG ON DRAGOON

 

スクエニが発売したアクションRPG。このゲーム小学生のころにプレイしたのですがめっちゃ怖かったです。

ストーリーは残酷で、人の負の感情が全面にでています。

アクションはちょいもっさりとしているかな。ただそれを補うほどの重厚で深いストーリーなのでおすすめです。

 

16位 グランディア エクストリーム

グランディア エクストリーム通常版

グランディア エクストリーム通常版

 

 「グランディアII」 と 「グランディアIII」 との間に発表された番外編な作品。

ストーリーは微妙でここまで面白いゲームはこれぐらいじゃないかな。ゲームシステム、戦闘システムが秀逸で、アイテム収集など、やりこみ要素がすごいです。

良いストーリーとこのゲームのシステムをあわせれば完璧なRPGができます。

15位 ブレスオブファイアV ドラゴンクォーター 

ブレス オブ ファイア V ドラゴンクォーター

ブレス オブ ファイア V ドラゴンクォーター

 

ブレスオブファイアシリーズの第5作品目。

過去のブレスオブファイアシリーズとはぜんぜん違った作品です、異色作です。アンリミテッド・サガ並みに異色作です。ほかのRPGとは違った面白さがあります。

前作は典型的なファンタジーでしたが、これは近未来的な世界観です。難易度は高くて、初見殺しも多いです、やりがいを感じられる。鬼束ちひろさんの主題歌は何回も聞いた、ていうか今も聞いてる。

ブレスオブファイアーはどれもいいので、前作もぜひ。

14位 テイルズオブレジェンディア

テイルズ オブ レジェンディア

テイルズ オブ レジェンディア

 

 テイルズ オブシリーズの第7作品目。ストーリーはメインシナリオと、キャラクタークエストがあります。メインシナリオは主人公に視点があてられ、キャラクタークエストは他のキャラに視点があてられます。他のテイルズよりコメディ色が強いかな。独特の雰囲気があります。

2009年度のPRESS START(日本のゲームミュージックの祭典)にも選ばれていてBGMが神曲ばかりです。

13位 幻想水滸伝

幻想水滸伝III

幻想水滸伝III

 

 幻想水滸伝シリーズ第3作品目。IIから15年後の世界が舞台。ゲームシステムが特殊でいくつもの主人公の目線から話を進めていくゲームシステムです。はじめは三人の主人公の目線で、最大六人の主人公の目線で話を進めていきます。 幻想水滸伝シリーズは4以外は神ゲーだと個人的に思っています。特に2は最高傑作です。

12位 テイルズ オブ シンフォニア

テイルズ オブ シンフォニア (Tales of Symphonia)

テイルズ オブ シンフォニア (Tales of Symphonia)

 

歌手(今はロンドンハーツのイメージ)の misonoさんが主題歌を歌っていることで有名なテイルズシリーズの第5作品目。初の3D。料理や好感度システムもあります。

今回のテイルズは差別がテーマになっています。最初らへんからすごい話が重い。鬱展開が続きます。ただそれでモチベーションが下がることはありません。それほどにストーリーに引き込まれます。神ゲー

11位 アンリミテッド:サガ

アンリミテッド:サガ UNLIMITED:SaGa

アンリミテッド:サガ UNLIMITED:SaGa

 

 サガシリーズの9作品目。ゲームシステムが特殊で異色作。小学生の時やったけど、難しすぎてどのキャラもクリアできなかった。すごろくみたいな感じでキャラの駒を動かしていくゲームシステム。サガシリーズの中で評価がすごく低いんだけど僕はわりと好きです。BGMもよくて、アンリミテッドサガのバトル曲がサガシリーズの曲の中で個人的に一番だと思っています。このゲーム説明書が別売りだったんですよね(笑)なんでそんなことしたんだろう。

10位 テイルズ オブ デスティニー2

テイルズ オブ デスティニー2

テイルズ オブ デスティニー2

 

ps1で発売されたテイルズオブディスティニーの続編。僕がテイルズシリーズをプレイしたのはこの作品が初めてでした。 最近、はやりのタイムループものに触れたのもこれが最初じゃないかな、タイムループもの、好きです。ただ世間のストーリーの評価が低いので思い出補正なのかな、小学生のころにプレイしてからだいぶたつし。すごいよかった記憶があるんだけどなぁ。

9位 ファイナルファンタジーX-2

 ファイナルファンタジーⅩの続編。無名だったころの倖田來未がopを歌っています。

この作品を見てユウナの変貌ぶりに落胆した人も多いのでは、ユリパってなんだよ(笑)。ゲームシステムもⅩとは少し変わりました、ただ割と好きなんですよね。このゲームはものすっごい嫌いな人と、ものすっごい好きな人で別れている気がします。ジョブチェンジのコスプレがエロかった印象。

8位 ロマンシング サガ -ミンストレルソング-

ロマンシング サガ -Minstrel Song-

ロマンシング サガ -Minstrel Song-

 

スーパーファミコンのゲーム、ロマンシングサガのリメイク作品。3Dになり、フルボイスで完璧なアレンジといっていいです、キャラの3頭身もなんかかわいい。

スタートボタンを押さず、OP山崎まさよしさんの曲をずっと聞いていた記憶がある。

世代ちがうのでオリジナルはやったことないいんですが死ぬまでにはやりたいですね。

 7位 キングダム ハーツII

キングダムハーツII

キングダムハーツII

 

 ps2のソフト、キングダムハーツの続編。キンハー1と悩んだんですが、1は戦闘がもっさりしていたので、こっちにしました。パッケージがキラキラしてて好きでした。

 前作のアクションのもっさり感が解消されていい感じ。ストーリーも感動する。

キンハーの物語は少し難しいところがあって、小学生の頃はぜんぜんわからなったけど大人になってからやると結構深くていい。ただFFとディズニーに生かされてる感は否めない。声優の山寺さんすごすぎ、グーフィーなど複数のキャラの声をやられておられます。

6位 アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女 

アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女 PlayStation 2 the Best

アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女 PlayStation 2 the Best

 

アトリエシリーズの会社、ガストがバンプレストと共同で開発 された作品。すごい作りこまれていて、ストーリーは王道、詩がテーマになっており、音楽が秀逸。声優じゃなく本職の歌手の方が4人も歌っています。セリフがいかがわしく聞こえる部分があります、声だけ聴いてるとすごいエロイ。イリスシリーズをやったことないので、プレイしてみたいですね。

5位 テイルズ オブ デスティニー

テイルズ オブ デスティニー(特典無し)

テイルズ オブ デスティニー(特典無し)

 

 ps1の作品、テイルズ オブ デスティニーのリメイク作品。2から入ったのですが、全然楽しめました。オリジナルをプレイしたことはないのですが、ストーリーとかキャラの設定とか少し変わってるみたいですね。オリジナルからの人からは否定的な意見もあって、賛否両論。2に出ていたあの人!みたいなことが結構あり(2からだったので)わくわくしました。テイルズ作品の中ではこれが一番好きですね。

好きなキャラはリオン。

4位 ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

 

ドラゴンクエストシリーズの第8作品目。 シリーズで初めて3Dになり、ロード時間が短くなって、ボリュームもあり、グラフィックもよくps2トップクラスじゃないかな。完成度が高いです。レベルファイブが有名になったのもこの作品からですね。

ストーリーが重く、人がばんばん死にます。でもそれ以上に感動する部分もある。

喪に服してた王様のとこは感動した。

ゼシカの服がすごいエロかった記憶、着せ替えができました。

裏ダンジョンも充実していてやりこみ要素もすごい、友達とどっちが早くクリアできるか競ってました。3DSやアプリでリメイクもされていてそっちをやってもいいかも。

好きなキャラ マルチェロ

3位 ファイナルファンタジーX

ファイナルファンタジーX

ファイナルファンタジーX

 

 ファイナルファンタジーシリーズ第10作品目。ps2の初ffでもある。最初主人公がチャラいなあと思っていたんですが、最後はまったくそんな感情は消え失せていました。 命の尊さ、親子の絆、純粋な愛、どれをとっても秀逸。

個人的にはユウナとの恋よりも、ジェクトとの親子の絆に惹かれるものがあった。

最後のジェクトとのハイタッチで、我慢できず、泣きました。子供の時ってなんか意地張って涙をこらえるよね。リメイクもされています。神ゲーとはこういうものを言う。

2位 ラジアータストーリーズ

ラジアータ ストーリーズ

ラジアータ ストーリーズ

 

トライエースが27位のSTAR OCEANの次に出した作品。人間と妖精の争っている世界で主人公は人間に味方するか、妖精の味方をするか、選択をによって左右されていきます。

このゲームのすごいところは時間の概念があり、仲間に出来る個性的なキャラが250人います。そしてどのキャラも時間の中で生活しています。ゼルダの伝説ムジュラの仮面みたいって言えばわかりやすいかな、で、どのキャラも仲間にするためには、この時間にこのキャラと喋って、その次にこれをこうして、みたいに、フラグを立てないと仲間に出来ません、ムジュラで仮面をgetするときみたいに。パーティに入れられるのは4人だけで誰を仲間にするか悩みます。自由度が高い。神ゲーです。

1位 ドラゴンクエストV 天空の花嫁

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

 

スーパーファミコンドラゴンクエストV 天空の花嫁のリメイク作品。

リメイク作品が1位はどうなんだと思いましたが、やっぱり外せませんでした。パパスの……で泣き、ヘンリーの成長に泣き、感動しっぱなしでした。ヘンリーの手紙はまじでやばかった。ドラクエって主人公がしゃべらないんですよね、それが想像力を掻き立てるっていうか。

分岐要素もありました。ビアンカ派かフローラ派かで意見が別れ、友達と喧嘩になったこともあったのでは。僕はビアンカ派です。

今までやったゲーム作品の中でもベスト5には入るかも、いやベスト3かな。3世代に渡ってのストーリーもこのゲームくらいじゃないかな(知ってるところだとサガフロ2とか?)。ストーリーは結構おもいです、いやめっちゃ重いかな。過去のドラクエシリーズでもっとも不幸な主人公と言われています。

 まとめ

しんどかった。多分この記事書くのに2日ぐらいかかった(笑)。まずプレイしたタイトル思い出してメモ張に片っ端から羅列させて、数字をつけて、疲れた。

たくさんプレイしてきたんだなぁ。ゲームばっかりやってた子供時代だから;;

 

こうやって記事を書いてると記憶が蘇りますね、嫌な思い出だったり、嬉しい思いでだったり、過去をふりかえれたのでよかったです。

あと、個人的にランキングをしてきて、まだまだやってない名作あるなぁと感じました。例、ペルソナ3、ペルソナ4、アトリエシリーズ、ff12などなど。

このランキングを見て僕がどういう人間なのかを知ってもらえたら嬉しいです(それを目的に書きました)。

 

 

www.rick1208.com

 

 

 

スポンサードリンク