漫画の地球儀

ヤマトの再配達をLINEでする方法【iPhone、Android、連携、受取時間、ヤマト運輸】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20190202011229p:plain


Amazonをはじめとして、ネット通販サイトの利用はどんどんと広がっています。便利なことは間違いありませんが、荷物受け取りのタイミングが合わなくなると、ヤマト運輸がポストに不在連絡票を入れていくでしょう。

ヤマト運輸に再配達の依頼をしなければいけませんが、電話が苦手な人だけではなく、ドライバー直通のためにうまく話がかみ合わないことも出てきます。

スマートフォンを使っている人の多くが使っているLINEを活用すると、ヤマト運輸の再配達依頼ができてしまうのです。

LINEとクロネコIDを連携させることもでき、受取日時や受け取り場所の変更も、簡単な操作でLINEからおこなえます。

これまでLINEとヤマト運輸の連携をしてこなかった人でも簡単にできるように解説しますので、便利に活用できることから試してみましょう。

ヤマトの再配達依頼をLINEでおこなう

LINEのiPhoneアプリの画面での解説ですが、Androidアプリでも再配達依頼はほとんど違いがありません。

ヤマトのアカウントをLINEに追加

f:id:rick1208:20190202004101p:plain
再配達依頼を活用するには、LINEのアプリを起動して連携していかなければいけません。公式アカウントの一覧や検索機能を使ってヤマト運輸の公式アカウントを見つけましょう。
f:id:rick1208:20190202004111p:plain
検索で「ヤマト」と打ち込めば「ヤマト運輸」が見つかるはずです。公式アカウントを追加できれば、再配達依頼の準備ができました。

再配達依頼をする

f:id:rick1208:20190202010931p:plain

f:id:rick1208:20190202010944p:plain
再配達依頼をするには、ヤマト運輸の公式アカウントとトークを開始します。「再配達依頼」を選択して設定を始めていきましょう。
f:id:rick1208:20190202010953p:plain
再配達の依頼には、送り状番号を入力することが必要です。不在連絡票をみると番号が記載されていますので、伝票番号(送り状番号)を入力しましょう。
f:id:rick1208:20190202011026p:plain
再配達依頼のURLの案内が表示されるため、該当ページに移動します。

再配達依頼のページが表示されたら、クロネコメンバーズに登録していない人は「クロネコメンバーズではない人はこちら」を選択しましょう。クロネコIDを持っているなら、「ログインして利用する」を選択します。

クロネコIDを持ってないことを前提として、操作してみましょう。
f:id:rick1208:20190202011122p:plain
伝票番号の入力が求められたら、不在連絡票に記載されている伝票番号を入力します。不在連絡票には、電話番号も描かれているため、間違わないように注意しましょう。
f:id:rick1208:20190202011129p:plain
再配達受付の画面になったら、再配達の希望日と時間帯、必要な個人情報を入力して「次へ」を押します。

届け先の住所の入力をしていきますが、間違わないように確認して次へを押しましょう。

入力した情報の内容確認画面が出たら、間違いがないこと確認します。問題がなければ、画面下にある「確定ボタン」を押しましょう。再配達の受付完了画面が出てくれば、依頼は完了です。

クロネコメンバーズへの登録を希望するか問われますので、同時におこなうことができます。クロネコメンバーズへの登録完了もしっかりと表示されるのでわかりやすいでしょう。

後は荷物が届くのを待つだけですむため、面倒な電話がいらなくなります。

LINEとクロネコIDの連携

f:id:rick1208:20190202011155p:plain
クロネコメンバーズに登録している場合には、LINEとクロネコIDを連携させることで、「配送状況の確認」や「受け取り日時・場所の変更」も手軽にできるようになります。

LINEのトークで「いつ届く?」「コンビニで受け取りたい」と言うだけで、荷物の確認や変更依頼ができるのです。荷物が届かないと思っているときにも、手軽に配送状況の確認できるのは、かなり便利な機能でしょう。

まとめ

LINEのトークからヤマト運輸の荷物の再配達依頼をするのは、大変便利な使い方です。電話での再配達依頼をしなくて済むのですから、LINEを使えるのは試してみる価値があるでしょう。

クロネコメンバーズになりクロネコIDでLINEと連携すれば、もっと便利です。2回目以降の再配達依頼は、スピーディーになるでしょう。日常的に何か届く人は、再配達依頼が手軽になるのですから連携する価値があるはずです。

LINEとヤマト運輸の連携機能は、再配達依頼でも使えます。不在時の配送の通知も来ますし、送り状の発行にも使えるのですから、使って損はありません。機能の詳細については、公式ページに詳細が乗せられていますので、確認してみるといいでしょう。