漫画の地球儀

1日1万文字を書いているとおのずと月10万円は稼げる【分割思考、複数のブログ、引用文】

f:id:rick1208:20180622011958p:plain


自分が仕事をしていたころの事を書こうと思います

自分がしていた仕事はサイトを作り、毎日記事を書く仕事です。SEOの対策とかもやってました。

タイトルで記した通り、1日1万文字の記事を書くと、グーグルアドセンスだけでも、月10万円は稼げます。

達成期間は6ヵ月

月間だいたい50万pvです。

実際、自分が運営していたサイトでの結果です。

3つのサイトとブログを合わせてこのくらいです。

そのとき培った記事の書き方を書いて行こうと思います

1日1万文字を書く

「記事を1日1万文字」

一見、無理なような気もする文字数ですが、これは考え方でだいぶ変わります

2000文字から2500文字の記事を4本から5本

これで1万文字ちかくです。

1つだけの記事で1万文字を書くのではなく、2000文字くらいの記事を5個書けばいいのです

1つの記事で1万文字はきついです。
書きにくいし、なにより疲れます。

文章の構成の「型」を覚えてしまう

ブログの記事を1から書こうと思うとしんどいです。

文章にはある一定の構成があります。

それに沿って書けば負担は一気に減ります

これには利益が2つあります

一つは記事を完成する速度が速くなります

1回1回記事の構成を考えるよりも格段に速くなります


もう一つは文字数を稼げるⓙことです

型に沿って書くので同じ文章を結構使います。

こうやって考えると1日1万文字、駆けそうな気がしませんか。

事実、自分はこういった方法で毎日1万文字を書いているのです

**引用文を利用する

引用文を利用すると、文字数が稼げます

そして最大の利益、メリットが記事の信頼度が上がることです。


公式のニュースやウィキぺディアの引用文を載せることによって記事の信憑性を上げる事ができるのです。

弊社は○月○日に新しいゲームソフト「○○クエスト」を発売します。

引用元:△△株式会社

しかし引用文でやってはいけないことがあります。

それは引用文が多くすぎてはいけないことです

あくまでも記事の信憑性を上げることが目的なので引用文の数はあるていどでとどめておきましょう

そして、引用元へ飛ぶことができるリンクも付けといたほうがいいです

記事を書く前にキーワードなどを調べておいてリストにしておく

例をあげると、自分のブログは株について書いているものがあるのですが、株に関係しているキーワードなどをリストにしてメモしておきます

日常生活やネットサーフィンをしていて気になった株のキーワードをメモに取ったりしています。

そのキーワードをネタにして記事を書いていくわけです。

グーグルアドセンスの張り方や場所を研究する

グーグルアドセンスで稼ぐためには張る場所で結構、金額が変わってきます

アドセンスの配置を研究しましょう

自分も現在進行形でどこが一番稼げるか研究中です

自分の個人的な考えなのですが、皇国の配置は流行りがあると思います。

ちょっと昔はサイドバーにアドセンスを配置するのが一般的だったのに、現在は違います。

そしてブログのテーマによっても変わってきます。

自分が運営しているサイトやブログ1つ1つごとに配置が結構違ったりもするのです。

でも記事のすぐ下に配置する」というのはすべてのブログに共通して収益が大きいです。


そして、スマートフォンタブレットでブログを見る人も多くなっているので、それに対して配置する必要も出てきます


実際、自分のブログはパソコンとスマホでグーグルアドセンスの配置が全然違います


*まとめ

1日1万文字の文章が書けるようになるとアクセスが驚くほど伸びていきます

そしてアドセンスだけの収益で月10万円に到達します。l

1000文字、2000文字と文章を書くことに慣れていき、最終的に1万文字を目標にしてみてください。人生が変わります。

他のブロガーやライターがどのくらいのスピードで記事を書いているのか【マイペース】

f:id:rick1208:20180621173236p:plain

ブロガーやライターをやっていると「こんだけの文字数を書き終わるのに、他のライターはどれくらいの作業時間がかかっているのか」というのが知りたくなってきます

自分の記事を書く速さが他の人よりも遅いのか速いのか…

このままのペースでいいのかどうか…

と、色々考えてしまいます


1000文字500円というライターの仕事を受けたときに、どのくらいの時間で完成させればいいのか。時給に換算するといくらなのか?

1時間で完成させることができれば時給500円

その半分の30分だと1000円


記事を書くための下調べなどを含めてどれくらいの時間がかかるのか


自分の場合だと1時間あれば最低でも1000文字が書けます。

記事の質にも左右されるので一概にはいえませんが、30分で書き終わることもあれば、1時間以上かかる場合もあります。

そしてこれはライターやブロガーの平均速度くらいです。プロのライターはもっともっと速い速度で書ける人が沢山います。


中には1時間で5000から1万文字も書ける人もいるそうです。

指も疲れるし、その速さで文の構成を作るのもしんどいと思います。

初心者は書くのが遅くて当然

今この記事を読んでいる人にそんなに速く書けないと思っている人がいるかもしれません。

でも全然大丈夫です

自分も最初の頃はすごく遅かったし、今も平均程度の速さです。時間がかかるときは1000文字書くのに2時間くらいかかるときもあります。

初心者のときは1記事を書くのにまる1日潰した時もありました。

でも継続していくうちに慣れてきます。

何事も経験と慣れです。

遅くても気にする必要はありません

自分も1時間で1000文字書ければいいかなくらいの気持ちでやっています。

これからも別にこれより速く書こうとも思っていません。速さを重視するあまり内容がひどくなると本末転倒です

執筆スピードよりも大事なこと

ブロガーやライターに大切なのは、記児を執筆する速さではなくて、書く記事の内容がしっかりしているか、面白いのか、読みやすいのか、役にたつのかです。

速さは二の次です。

記事を書く仕事は時給じゃなく実力主義的なところがあるので効率や速さを求めてしまうものですが、大切なのは記事の中身です。

ブロガー、ライターとして生活していくために大事なこと


ブロガー、ライターとして長期的に活動して、生活していくためには確かに少ない時間で多くの記事が書けることも大事かもしれませんが、内容を充実できてこそです。

大切なのは長期的に常に同じ速さで質を保ったまま記事を書き続けられるかどうかです。

その技術、能力があれば、ブロガーとして生活していくことも可能です。小説家や批評家でも同じですが物書きは継続して書き続けられるかが一番大事です。

ただたんにスピードを求めて、途中で挫折するよりもマイペースに書き続けていくことが大切なのです。

【ブログネタ】日常生活で手に入る情報やキーワードは宝の宝庫。アイデアに敏感になろう。

f:id:rick1208:20180621060803p:plain



ブログを書いている人はどんなことでもネットの中で情報を手に入れようとする人が多いです。自分もそうでした。ネットの中で調べたキーワードで記事を書いていました。でもこれではライバルが多いです。

ネットの中ではなく日常生活で耳にしたものや、街中で見かけたものをキーワードにすると驚くほどライバルが少ないことに気づきます。


日常生活でみかけるキーワードの例

・テレビ

・新聞

・電車の中などの広告

・街の中の広告

・書店

・友達や知り合いとの会話の中


こういった日常で目にしたキーワードというのはビックリするくらいにライバルが少ないです。

日常生活を送っているときに「あ、これがいま流行っているんだ?」というようなキーワードがあればそれについて調べて記事にしていきます。


この方法だとネットで調べたキーワードより細かいキーワードで記事を書くことができるのです。

そして検索需要が割とあったりして、アクセスを独占できるのです。

本屋さんに寄ってみる

昔まで自分は本はいつもネットで買っていました。アマゾンや楽天などから。

でも最近は本屋によって本屋で買うようにしています。そして店の本のタイトルをチェックしてきになったものは中身もパラパラとチェックします。

こうするとネットの中ではきづかなかったキーワードに出会えたりします

そして気になったものは買ってみてもいいかも。

気になったことはすぐにメモを取る

普段の生活の中で気になったキーワードや単語があれば、すぐにメモをとりましょう。

外にいるときも携帯やスマホでメモをとろう。

現在、様々なメモアプリがあります。自分に使いやすいものをダウンロードしておくと便利です。

気になった単語などは、どんどんメモを取っていきます。

そしてそのメモから書けそうな記事を考えるのです。要するにネタ帳を持ってください。

ブロガー脳を作る

ブロガー脳なんて言葉は存在しないと思うけど、つまりはどんな時もキーワードに敏感になってくださいということです。

これは記事にできるなということを思いつけるような脳にするのです。

そうすれば、何気なくテレビを見ていても、「お、これは記事に出来るな」ということが沢山出てきます。

友達との会話の中でも普段なら思いつかなかったアイデアが浮かんだりもします

サブカルな友人はネタの宝庫

自分はこれは意外に結構、大事だと思っています

サブカルな友人との会話は一番ネタを得られます。

マニアックなことを知っている友達との会話から結構ネタを仕入れています

まとめ

ビジネスにつながる事柄は無限に存在します。いかにそれに気づけるかが大切です。

そして気づくためには日頃から流行などに敏感になって、記事ネタを考えるクセをつけてください。

日常生活の中で手に入る情報はライバルが少ないのでお勧めです。

読みやすい文章を心がけるとアクセスが増えるかも?読みやすい文章にするための方法

f:id:rick1208:20180621022912p:plain

ブログは流し読みされる

基礎的なことなのですがブログやサイトというものは本の読書などとは違って流し読みされます。つまりは隙間の時間に短時間に読まれます。

これはマイナスというよりはメリットで、こういった特徴がブログや今流行のユーチューブの大きな武器です。


現代の人々は仕事に忙しいので時間に余裕がない。その中でしっかり時間をかけてブログを読もうとは思わないで知りたい情報をかいつまんで短時間で知りたいのです。


グーグルなどの検索で調べてサイトやブログにたどりついたり、はてなのブックマークのエントリーから行きついたときにその記事が長くて読みにくいとすぐに読者はブログを閉じます。

つまり専門用語などが多く読みにくい文章はみんなブログに求めていないのです。

読者に読みやすいブログにするための方法

見出しをちゃんとつける

見出しは凄く大切です。

読者は見出しを見て、知りたい情報があるかどうかを確かめます。


見出しがなく、だらだらした文章が並んでいても読むのがきついです。読者はすぐにブラウザバックします。


見出しがなくてもいいくらいの短い文章ならいんだけど、長い文章で見出しがないのは読みづらいです。

重要な部分に色をつけて強調する


見出しの他に読者が読みやすくする方法は重要な部分に赤色などの色をつけたり、背景の部分に色とかにすると読みやすいです

改行する

長い文章で改行がないと読みづらい

改行を入れることで読者がテンポよく読めるようになります。

写真や絵やグラフを入れる

長い文章になると読者が疲れてきます。

長い文章になった場合、画像や絵をところどころに入れておくと読者が一息休めるので最後まで文章を読んでもらう確率が上がります。

文章に関連してそうな画像を適当に入れるだけでも効果があります。

文章を書き終わった後、自分でも読んで見る

文章を改めて読んでみると誤字とか脱字があったり、読みにくい文章になっていたりすることに気づきます。

僕の場合は書き終わった文章を音読して読んでいます。黙読だと見逃してしまうことがあるからです。

,まとめ

ブログの文章が読みにくいと途中でブラウザバックされやすかったりして、グーグルからの評価が下がったりすることがあります。

グーグルからの評価を得るためにも読みやすい記事をこころがけたほうがいいかもしれません。

色々書いてきましたが、pcやスマホタブレットでも個々で読みやすさが変わってきますので、そこまで神経質になる必要もないです。少し意識するだけでいいと思います。

よく友達や知り合いにブログって稼げるの?と聞かれる。その答えは?【副業】

f:id:rick1208:20180620205655p:plain


ネットでブログを書いたりビジネスをしていると友達に話した時にたいてい言われることの一つに1日にどれくらいの時間、作業しているの?


どれくらいの期間で収益を上げることができるの?

ブログガーって簡単に儲けれるんでしょ?せこい

こういったことをたいてい言われます。

でもこれは個々の人間によって様々だと思います

楽だと感じている人もいれば、外で働いたほうが楽だという人もいます。

このあたりのことを今回は書いて行こう思います

1日にブログに費やす時間


1日にどれくらいの時間、ブログについやしているか?

これはよく聞かれますね。

自分の場合は1日に最低でも3時間は使っています。自分はブログを書くのが遅いので時間がかかるんですよね
最近は大体に最低5000文字は書いています

ブログで稼いで本業として生きていきたいと言う人は、最初のうちはヒマな時間を全て使ってとにかく記事をかきまくったほうがいいです。

自分は1日1万文字を目標にしてとにかくブログを書きまくってました。


普通に働いたとしても月に20万円ほどの収入を得ようと思ったら時給1000円だと200時間、働かなくてはいけません

そういう風に考えてみてください。

それとおんなじなのです。

ブログの場合だと最初のうちは時給10円とかかもしれません。

でもブログはあるときに会社で働いている人たちと逆転するときが来ます。

自分は2年後くらいからかな。

最初の1年はほぼ収益は0円でした。

でも続けていくうちにだんだん収益が上がってきました

ブログやアフィリエイトというのは圧時に一気にきます。

そのときに初めていままでの労働の見返りがかえってくるのです

ブログだとよく言われるのは1日1記事を3ヵ月続けることですね。

それだけ継続してブログを書くことができればおのずと結果はついてきます。
ブログで稼げない人はたいていがここまでくるまでに諦めてしまっているのです。

グーグルは新しいブログには評価をくれないのです。

始めの3ヵ月はどんだけ記事を書いてもそれが検索の上位に表示されなかったりします。

でも続けていれば上位に表示されるようになってきます。

もったいないのはあと少しで流れに乗れるようなブログが皆やめていってしまっていることです

あと少し頑張れば結果が出てくるのにといつも思います

初めから稼ぐことも全然可能

トレンド記事を書けば速攻で収益を上げることも全然可能です、

流行っていることについて記事をかけば1日にいきなりすごいアクセスを集めることが可能です。

そうすればグーグルアドセンスでいきなり収益を上げることができるのです。

ただ欠点もあってトレンド記事は資産になりにくいので常に描き続ける必要があります。だから最初だけトレンド記事を書いて、そこから資産になる記事に移行するというのがお勧めです。

結局はどんなことでも継続して地道に続けることができれば結果はおのずとついてくるということです。

ブログを書くのを諦めかけているひとはもうちょっとだけ頑張ってみてもいいかもしれません。続けていれば結果はついてきます。

【名作】おすすめのメガドライブのゲームソフトベスト15選を紹介【神ゲー、アクション、メガドラ】

ベア・ナックル

ベアナックル MD 【メガドライブ】

横スクロールのアクションゲーム。格闘のように殴ったり、蹴ったりするが意外に敵が強い。体力がゲージとなっているので、一目でわかる。ステージの最後にボスがいるので、倒すとステージクリア。人気があったため、その後続編が作られている

アウトラン

アウトラン  MD 【メガドライブ】

セガが開発したドライブゲームです。当時ゲームセンターで稼動したタイトルをメガドライブに移植すること自体無謀だったのですが、今作はかなり完成度が高いです。若干画質やサウンドが荒い印象がありますが、プレイ感覚はまさにアーケード版そのものでした

大魔界村

大魔界村  MD 【メガドライブ】

アーサーが魔物にさらわれた姫を救出に出かける魔界村シリーズ第二作目にあたるアクションゲーム。真エンドが用意されており、シリーズ中最も難易度が高い作品として知られています。もとはアーケードゲーム作品ですが、MDの性能の高さがゆえに移植が可能となりました。初代の重厚感ある音楽をアレンジしている点も聞き心地が良い


スーパーストリートファイター

スーパーストリートファイター2 MD 【メガドライブ】

アーケードで爆発的にヒットし、後に様々な家庭用ゲーム機にも移植された名作格闘ゲームメガドライブ版でも鮮明に再現されています。各国代表の格闘かを操り頂点を極める内容のゲーム

ボナンザブラザーズ

SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.6 イチニのタントアールとボナンザブラザーズ

コミカルな泥棒兄弟がお宝を盗む内容のゲームです。画面の隅々までを調べて隠れたお宝を奪って無事逃げおおせたときの満足感は最高です。現実で決してやってはいけないことを疑似体験できます

ぷよぷよ

ぷよぷよ MD 【メガドライブ】

ぷよぷよした色つきのスライムを4つ繋げて消していく名作オチ物パズル

ストライダー飛竜

ストライダー飛竜  MD 【メガドライブ】

オアセアニアを舞台に覆面の戦士飛竜が悪を討つアクションゲームです。美麗なグラフィックとステージの様々なしかけが特徴的な名作です。難易度はやや高めですが、ステージ数は少ないので集中すれば一日でクリアできます

ファンタシースター2

ファンタシースターの続編となる作品ですが前作をプレイしたことがなくても楽しめるストーリーとなっている近未来をイメージさせるRPG作品

ソニックザヘッジホッグ

ソニック・ザ・ヘッジホッグ MD 【メガドライブ】

セガを代表するキャラクターのアクション。ライフの概念がリングになっていて、ダメージを受けるとリングが飛び散る。ボスは個性豊なメカだが、どこか弱点があるので、そこを攻撃すると倒せる。ステージの仕掛けも多彩で、何回やっても飽きない

デンジャラスシード

デンジャラス シード MD 【メガドライブ】

1990年12月18日にナムコ(当時)から発売された、縦スクロールシューティングゲームです。もとはゲームセンターにあった業務用タイトル。ステージの進行に合わせて味方機と合体し強化されるのが特徴。。難易度も業務用機と比較して低めに設定されており、慣れればエンディングまでたどり着ける部分も良心的。デンジャラスシードというタイトル自体、他のハードには移植されていないので、このメガドライブ版はそういった点でも貴重な一本

バーチャレーシング

V.R.バーチャレーシング MD 【メガドライブ】

セガが開発した3Dレーシングゲームです。当時移植不可能と言われたアーケード版を忠実に再現しており、ハードの性能の限界まで使い切った映像とサウンドは当時としてはかなり画期的でした。操作感はまさにアーケード版と同じで、本当に実車を運転しているような感覚を味わえます

修羅の門

修羅の門  MD 【メガドライブ】

講談社の月間少年マガジンで連載していた川原正敏氏の格闘アクションのゲーム化作品です。製作はセガさんの子会社のシムスさんです。この作品戦闘シーンとストーリーシーンを交互に行って進めていきます。

この作品は不破北斗との対戦まで楽しめます。。漫画作品のほうを読めばもっと没入感高まると思います。

ソニックザヘッジホック2

ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 MD 【メガドライブ】

メガドライブでリリースした「ソニックザヘッジホッグ」の続編です。前作と比べてソニックがスピンダッシュを使えるようになったので、アクションの幅がかなり広がりました

コラムス

コラムス  MD 【メガドライブ】

パズルゲーム。縦横斜めの3つを合わせると消える。絵柄も変えられるので、自分の好みに合ったスタイルでできる。単純だが、連鎖ができると気持ちが良い。難易度が上がると、色の種類が増えるので、消すまでが大変になるので、幅広い人たちが楽しめる

ラングリッサー

ラングリッサー MD 【メガドライブ】

当時流行し始めていたシュミレーションRPGのゲームです。ユニット属性の採用、レベルアップ可能な指揮官と使いしてとも言っていい傭兵、指揮能力など新たな試みがなされた作品です。ストーリー展開も面白く、任天堂系のファイアーエムブレムと一線を画す作品だと感じました



シャイニング・フォース神々の遺産

シャイニングフォース 神々の遺産 MD 【メガドライブ】

シミュレーションRPG。キャラクターをチェスの駒のように動かすが、地形や配列を駆使して、戦略を立てるのが楽しい。街のばめんでは、会話をして物語が進む。魔法も豊富で、コマンドもアイコンになっているので初心者から上級者も満足できる

ランドストーカー 〜皇帝の財宝〜

ランドストーカー~皇帝の財宝~ MD【メガドライブ】

クションロールプレイング。3D化されたフィールドが斬新で、ジャンプをしたり障害物を飛び越えたり、アクション性が強く出ている作品。物語もしっかりとしているので、引き込まれるが、進むにつれて、ダンジョンの難易度も上がる。主人公の強さも上がってくると、以前の敵も一撃で倒せて、爽快感も出てくる

幽遊白書~魔強統一戦~

幽☆遊☆白書~魔強統一戦~ MD 【メガドライブ】

少年ジャンプの名作漫画「幽遊白書」のゲーム化作品です。作品の人気キャラクターが集結した格闘ゲームです。特筆すべき点はなんといっても4人同時対戦ができることです。家族や従姉妹で集まって遊ぶと燃えます

餓狼伝説

格闘ゲーム。細部まで丁寧に作られているが、アーケード版と比べてやはり差があるので、家庭用のゲームとして見てほしい。移植になっているが、必殺技は忠実になっていたので、遜色なくできる

1日1万文字のブログを書くメリット5選【タイピング速度が上がる】【脳の発達】

f:id:rick1208:20180620164016p:plain


僕自身が今現在実践している目標の一つが「1日1万文字をブログを書く」ということです。
つが「1日1万文字をブログを書く」ということです。


1日1万文字というのは結構しんどいです。仕事が忙しい日も、体調がすぐれないときも1万文字。


1万文字だとリサーチなどネタ探しも含めて自分は4時間ほど記事を書くのに時間がかかります。自分は書くのが割と遅いほうなので…。


面白いもので1日1万文字も記事を書いているとだんだんそれに慣れてきてあまり苦痛に感じなくなってきます。


僕は昔は作文もまともに書いたことのないようなタイプで、ブログをはじめたころなんて1日500文字もかけないような感じでした。実際最初の1年くらいは文字数の少ない記事を数記事書いて放置していました。


でも徐々に記事を書くのに慣れていまでは1日に1万文字も書けるようになりました。


今回は1日1万文字を目標にすることで、どのような利益があるのかを書いて行こうと思います。

どんなことでも継続する習慣がつく

人生において、何をするにしても継続するということは凄く大切です。

理由は、継続することは脳の大脳皮質が成長するからです。

生き物は本来は、寝ることと食べる事の他には何も継続しようとはしない生物です。


大脳皮質が強化されると大脳皮質が働く行動がとりやすくなります


何か一つのことを続けて大脳皮質が成長すると、何か他の分野でも役に立ちます

言語感覚が強化される

1日に1万文字も書いていると、文章を頭の中に浮かぶのが早くなります。



文章を思い浮かべるという行動は言語野という脳の部分を成長させるのです。

その他、文章を書くときに記憶を引き出して書くので、海馬の部分も成長します。


こういった脳の分野は会社のプレゼンやその他の日常生活にもすごく役立ちます

言語能力は、人が日常生活を送っていると必ず必要になってくる能力です。

在宅の仕事、アフィリエイトで収益を上げる能力が身につく。

現在の僕の月の収益は平均30万円は超えています。複数のブログから収益をあげています。

その中でアフィリエイトなどをしているのですが、1日1万文字を目標にしていたおかげでここまできました。

アフィリエイトなどで稼ぎたい方は1日1万文字を目標にしてみてください。

手の運動神経を鍛えられる

1日1万文字の文章か書くためには、キーボードタイピングの速さも求められてきます。

ブログを書き始めたころはすごく遅かったのだけど、今は結構な速さで打つことができています。毎日1万文字書いているおかげです。指の運動神経が発達していきます。

指の運動神経は、ギターなどの楽器演奏など日常の他の場面でも役に立ちます。球技などのスポーツにも役に立ちます

指の運動神経が発達すると脳も発達する

これについては指だけではなく他の身体の部分のどこについてもあてはまります。

身体を使うと脳が成長するのです。

その身体の部分と連動している脳みその部分があって、そこが発達します。

つまりブログを書くという行為は指をすごく使っているのでその間、脳みそが活性化しています。


このように指をつかっている間は脳も同時につかっているのです。

指と脳は連動している。


1日1万文字の文章を書くというのは脳をどんどん活性化してくれるのです。

このように1日1万文字のブログを書くメリットがいっぱいあります。ぜひこれを毎日の習慣にしてみてください。5年後には人生が大きく変わっていると思います。